ホテルニュータナカで働くスタッフ達が日々の
生活の中で感じた想いを日記形式で綴っています。

TOPホテルニュータナカ(山口県湯田温泉) > スタッフルームBLOG

スタッフルームBLOG

クリックで拡大写真

■☆ひな祭りに向けて☆
■2019年02月19日掲載   ■スタッフルームブログ   ■ホテルニュータナカ

皆さん、こんにちは!
早いもので年明けて2ヶ月が経とうとしています。
まだまだ寒い日が続きますので体調には気を付けたいところです。

さて、今回はホテルニュータナカに飾っているひな人形(七段)をご紹介します。
そもそも雛人形とは厄災を人に変わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があったそうです。
その為、女の子の健やかな成長や幸せを願う日に飾るようになったようです。
また、江戸時代では女性が旅行や嫁入りの際に、もし災いが起きたとしてもその身代わりになってもらうべく
雛人形を持って道中を過ごしました。
このことから、上流階級の娘の嫁入り道具として雛人形の需要は高まり、またよい夫婦となるよう
さらには天皇・皇后のような幸せな結婚になることを願って、男女対の雛人形が作られるように
なったと言われています。
二段目は内裏様に仕えてお世話をする侍女の三人官女
三段目は能楽の囃子方をかたどった子供姿の五人囃子(ごにんばやし)
四段目は御殿を守る随臣(ずいじん)で右大臣・左大臣
五段目は内裏様のお供をしたり、庭掃除など御所の雑用をする従者である仕丁(じちょう)です。
泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸で知られる表情豊かな三人上戸です。
下に敷いている赤い布は緋色は魔よけの色を表し、子どもが健やかに育つようにという願いがあるそうです。
詳しくは下のホームページをご覧ください。

私の家は三段までだったので、七段のひな人形は見応えと迫力があります!
ぜひ、当館にお越しになられた際はお子様とご一緒に写真を撮られてみてはいかがでしょうか。
ご来館心よりお待ちしております!
■掲載者/ 宿泊課 片岡
[1][27] [28] [29][473]

※ご質問・お問合せについてはメールでの回答をしております。こちらよりご連絡ください。
場合によってメールの返信が遅れる事がございます。お急ぎの場合はお電話で直接お問い合わせ下さい。

最新の記事

すべての記事一覧

最新の写真

↑ページ上部へ